あなたはランニングで「怪我」をしたいですか?ランニングで「怪我」をしたくないあなたはお読み下さい。

んにちは!

 

コータロー@ド素人ランナーです。

 

 

僕のブログに

ご来訪頂きありがとうございます。

 

 

まずは、

自己紹介をさせて頂きます。

 

 

僕は、

35歳からマラソンへの挑戦を

始めることになりました。

スタート前

 

 

元々学生ランナー

だったわけではありません。

 

 

 

ド素人出身の

市民ランナーです。

 

 

 

それまでは、

たま~にフットサルをする程度の

運動量でした。

 

 

 

テレビでマラソン中継を見ることがあっても、

「よくもまぁ好き好んで走るよなぁ」

TV見ながら煎餅かじる

 

 

寝転びながら

煎餅をかじるほどの興味のなさ。

 

 

 

という感じで、

マラソンなんていう存在とは、

一切無縁の生活を送っていました。

 

 

 

しかし、

35歳の1月某日。

40歳後半の先輩から

 

 

先:「2月に駅伝を走るんだけど、

頭数が足りないんだよ。

頼むから出てくれない?」

駅伝

 

 

というお誘いが、、、

 

 

僕:「・・・・・・」

 

 

一瞬、

お断りしようと思ったのですが、

先輩からのお願いなので断れず、

 

 

僕:「わ、わかりました、、、」

 

 

と渋々承諾。

 

 

僕:「距離はどのくらいですか?」

先:「5kmだよ!」

 

 

 

良くわかんないけど、

40歳後半のこんな人が

走れてるんだから、

35歳の僕なら楽勝だろう。

上から目線

 

 

という感じで、

思いっきり上から目線の

ゆるーい感じで駅伝参加が決定!

 

 

 

 

運動不足がいきなり5kmも走ると

怪我をすると思い。

 

 

週2~3回くらいのペースで、

5kmくらいを適当にジョギングする

くらいの感じでトレーニング。

 

 

学生時代に

そこそこ運動していたこともあったので、

とりあえずは走れていました。

ジョギング

 

 

 

そして、

2月の駅伝当日。

 

 

駅伝の区間は5区間。

担当は4区。

 

 

1区-2区-3区とタスキが渡り、

4区の僕にタスキが渡ります。

 

 

直前まで適当に流そうと

思っていたのですが、

いざ走るとなると力が入るモノですね。

 

 

「ゼェハァ!」

「ゼェハァ!」

 

 

白い息を大きく吐き、

肺が痛くなり、

脚がだんだん重くなる感覚を覚えながらも

腕を振り、必死で走ります。

 

 

 

なんとか5kmを走り、

次のランナーにタスキを渡して、

僕の初駅伝は終了です。

 

 

 

マジメに5kmを走るなんて

初めてでしたから、

 

 

肺は痛く、咳も出ましたが、

心地よい疲労感と、

5kmを走り切った達成感で

いっぱいになりました。

安堵感

 

 

 

 

そして、

駅伝から数週間後の日曜日。

 

 

テレビを付けると、

東京マラソンが中継されていました。

東京マラソン

 

 

今までなら、

適当に悪態を付きながら

見ていたと思うのですが、

 

 

今回は、

興味があるような、ないような

ボーっとした感じで見ていました。

 

 

すると、

フルマラソンを走り終えたランナーが

次々にゴールするシーンが画面に流れます。

東京マラソン_ゴール

 

 

 

こういう時って、

皆さん気持ちよさそうに

走ってる感じに見えるんですよね。

 

 

 

そこで思ってしまったわけです。

 

 

「前の駅伝5kmで

あれだけの達成感なんだから、

フルマラソンを完走できたら、

どれだけ気持ちいいんだろう?」

想像する

 

 

 

ここから

僕のフルマラソンへの

挑戦が始まります。

 

 

 

 

というわけで、

ネットで検索して、

6月のフルマラソンにエントリー。

 

 

当初はフルマラソンに関する

知識なんてありませんでしたから、

練習内容はジョグを中心に

走っていました。

ジョギング_2

 

 

一応、ハーフマラソンに出てみたり、

それなりに距離をこなしていたので、

多分大丈夫だろうと、

タカをくくってフルマラソン当日を迎えました。

 

 

 

 

そして、

初フルマラソンの当日。

マラソン会場

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

我流でトレーニングしていたので、

当然撃沈です。

 

 

 

ハーフの距離までは

耐えられたのですが、

25km超えたあたりから

脚がつりまくり。

 

 

 

ギリギリ制限時間で

ゴールできるかなと思ったのですが、

ゴール手前200mを残して

両脚をつってしまったため、

 

 

 

無残にも時間切れ!!

 

 

 

帰りの電車では悔しさの余り

涙をこらえるのがやっとでした。

 

 

同時に誓います。

 

 

 

絶対にフルマラソン完走してやる!!

今日の悔し涙を嬉し涙に変えてやる!!

復讐の炎

 

 

 

 

 

その後は、

ランニング系のサークルに入って、

共に目標を目指す仲間を作ったり、

いろんな書籍を読んだり、

 

 

再びフルマラソンに向けての

ちゃんとしたトレーニングを始めました。

 

 

 

 

それから数ヶ月が経ち、

アスリートランナーがゲストの

ランニングクリニックに参加しました。

 

 

諸々のメニューを終えて、

ダウンジョグ中、

ゲストランナーの後ろ姿を

何気なく見ていた時に、

 

 

 

稲妻が脳天を

直撃するかのごとく

突然閃きました!!

「あれっ?」

「走るってこういうことじゃないか?」

 

 

ジョギングしながら早速お試し。

 

 

「こういう感じだよな?」

「うんうん、こういう感じだよ」

 

 

 

 

「どういう感じだよ?」

 

 

という突っ込みを入れたくなる

独り言を発しながら何度もお試し!

 

 

 

ぶつぶつ呟きながら走っていたので、

一緒に走っていた方達は

多分「気持ち悪い」

思っていたはずです(笑)

 

 

 

ゲストランナーに

確認しようかと思いましたが、

上手く言葉にする自信がなかったため

そのまま帰宅。

 

 

 

僕の思いついた内容が正しい、

もしくは同じような情報がないか、

パソコンを立ち上げて検索しました。

 

カチッカチッ




カタカタカタ。。。




パン!

 

 

 

 

 

「???」

 

 

 

 

「どうやら載ってない?」

「なんで?」

「???なんで???」

頭抱える

 

 

 

 

いくらネットを検索しても

僕と同じような考えを記述している

ランニング情報はありませんでした。

 

 

しかし、素人発案の考えですが、

なぜか確信に似た感覚を持っていました。

 

 

 

そして決心します。

 

 

 

 

僕の考えが正しいことを

僕自身で証明していこう!

やる気

 

 

 

 

その考えを軸に

トレーニングを重ね、

再びフルマラソンに参戦!

 

 

 

そして、

同じ年の11月某日。

 

 

待ちに待った

フルマラソン再挑戦の当日!

 

 

肝心のタイムは、

 

 

3時間31分9秒

 

 

6月のフルマラソンリタイヤから

11月までの約半年で

ここまでの記録を出せました。

 

 

 

サブ3.5には1歩届かなかったものの、

まずまずの結果だと思います。

 

 

その後、

僕の友人でフルマラソンに出る!

 

 

と決意した奴がいたので、

僕の理論を教えて、

トレーニングを重ねること3か月後。

 

 

 

見事にフルマラソン完走を

達成してくれました!!

 

 

しかも

 

サブ4のおまけつき!!!

 

その後の打ち上げのビールが

最高に美味かったことは

言うまでもありません!

 

 

ちなみにその友人も

僕と同じように未経験から

始めたランナーです。

 

 

その人は今もランニングを続けて、

いろんな大会を楽しんでます。

 

 

 

僕自身もトレーニングを続けて、

念願のサブ3を達成しました。

 

 

その時のタイムは

 

 

2時間59分22秒

025_サブ3

 

 

ギリギリでサブ3達成です!

 

 

 

それからある程度、

僕の理論を言葉で

説明できるようになってきたため、

 

 

たまたまSNSで知り合った

プロトレーナーさんと

お話する機会があり、

このことを伝えたら、

 

 

「あなたの理論を

100%支持します!」

 

 

と、

僕も若干引いてしまうくらいの

熱い感じでお墨付きを頂きました!

お墨付き

 

 

 

さらに

そのトレーナーさんからの紹介で

そのトレーナーさんの先生を

紹介して頂きました。

 

 

 

その方は、

ランニングトレーナーとして、

10年以上従事し、

 

 

有名スポーツメーカーの

認定トレーナーであり、

 

 

元フィギュアスケーターの

浅田真央さんの

ランニング指導をした人でもあります。

浅田真央_ホノルルマラソン

ホノルルマラソン完走時の写真

 

 

 

 

その方の講義を受講し、

その人の説明を聞いたのですが、

 

 

 

僕の考えていた理論と

ほぼ一致していたのです!

 

 

 

 

実はサブ3を達成した後も

僕と同じような理論を語る人を

探していました。

 

 

・元アスリートランナーの指導者。

・有名トレーナー。

・現役ランナーの理論。

・有名大学の駅伝監督。

・いろいろな方の本や雑誌の特集。

 

 

速くなるための理論は

ごまんとありました。

ランニングメソッド

 

 

 

 

僕が考える、

 

ランナー怪我を回避しながら

ランニングをする方法。

 

ランナー怪我をケアする方法。

 

その人に

最適なランニングフォームを

構築するための方法。

 

 

 

これらは

載っていなかったのです。

 

 

 

ですがここにきて、

やっと僕の考えと合致する理論を語る

指導者が現れたことに

とても感激しました。

飛び上がる

 

 

 

今僕は、その指導者の元で

その人の10年にも及ぶ知識を吸収し、

僕の理論を確固たるものにすべく

勉強しています。

 

 

 

そして、ゆくゆくは、

 

 

ランニングで怪我をする人を

ゼロにしたいと考えています。

ゼロ

 

 

 

もしあなたが、

 

・ランニングを始めようと思っている。

・ランニングをしていて楽に走れない。

・ランナー怪我に悩まされている。

・フルマラソンを怪我なく完走したい!

・フルマラソンを怪我なく完走して、
 打上げで勝利の美酒に酔いしれたい!

・怪我の不安なく、走力をアップさせたい。

・怪我の不安なく、サブ5を達成したい。

・怪我の不安なく、サブ4を達成したい。

・怪我の不安なく、サブ3を達成したい。

・怪我の不安なく、一生マラソンを楽しみたい。

 

 

そう思っているのであれば、

ぜひ僕のブログを読んでください。

 

 

次に、

一生怪我のないランニング生活を

手に入れるのは

 

 

 

あなたです!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中