【KIX泉州国際マラソン】振り返り:当日レース本番

はようございます。

 

コータロー@ド素人ランナーです。

 

 

 

 

さて、いよいよスタート前。

IMG_6963

 

 

30分前くらいから並び、

スタートを待ちます。

 

 

 

泉州国際マラソンは、

9市と4町が合同で開催していますので、

スタート前に各市町や町長からご挨拶。

 

 

 

それから各市町と提携している

姉妹都市からのゲストの紹介。

 

 

 

ちなみにゲストでいらっしゃっている国々は

 

・アメリカ

・モンゴル

・台湾

・中国

・ウガンダ

・オーストラリア

・ニュージーランド

・大崎市(宮城県)

 

ということです。

 

 

 

 

というわけで、

 

スタート!

スタート

 

 

 

スタート位置はAブロックなので、

目立った混雑は特になく、

順調に走り出します。

 

 

 

今回の目標はグロスサブ3ですので、

4分15秒~4分10秒をキープして、

ラスト何キロかでペースアップできたらいいなぁと

思いながら走ります。

 

 

 

5km通過

5km5kmタイム

 

 

 

序盤なので勢いのあるランナーに

どんどん抜かれていきます。

 

 

 

ですが、

僕はあくまでマイペース。

 

「多分、後半ヘバるんだろうなぁ」

 

なんてことを思いながら、、、

 

 

 

 

10km通過

10km10kmタイム

 

いい感じでペースを刻めています!

 

 

 

第一給水は、

最初の給水が10.7km。

 

 

 

速いランナーは気にならないと思いますが、

ゆっくりめで走るランナーからしたら

かなり給水位置が遠いですよね。

 

 

 

エイドは水とスポーツドリンク、

バナナのエイドが2か所、

 

 

 

そして、登録選手のみ

20km過ぎからスペシャルドリンクが

4か所に置けるようになっています。

 

 

 

 

かなりシンプルな給水事情になってます。

 

 

 

ここまでシビアな給水事情にするなら

大田原マラソンみたく

制限時間4時間のエリート大会にしても

いいような気もしますね。

 

 

 

その後もサクサク進んで

15km通過

15km15kmタイム

 

 

 

沿道の声援が意外と多かったです。

 

 

私設エイドもチラホラ見えたり、

スポンサーの企業さんがエイドを開いたり、

地元民の熱さみたいなものが伺えました。

 

 

 

レースの方は、

終始淡々と進めていく感じで、

途中で後続のランナーに抜かれたりしましたが、

 

 

 

「マイペース、マイペース」

「今回の目的はグロスサブ3だぞ」

 

 

 

など、周りに飲まれないように

自分に言い聞かせます。

 

 

 

20km前後付近で

細かなアップダウンもあったのですが、

それほど気にならず走れました。

 

 

 

道中に岸和田を通りますので、

だんじり祭りのお神輿を御開帳して、

お囃子を掻き慣らす場面も多々見れました。

 

 

 

 

20kmを通過。

20km20kmタイム

 

 

 

続けてハーフ地点通過

ハーフハーフタイム

 

 

ハーフの通過時間としてはまずまず。

あとはゴールまでペースを

維持できるかが問題です。

 

 

 

感覚的な話ですが、

この辺りから呼吸が

楽になっていく感じがありました。

 

 

 

俗にいう

 

ランナーズハイ

 

というやつだと思います。

 

 

 

そうなると後は、

メンタルと脚筋力がどこまで持つか?

です。

 

 

 

25km通過

25km25kmタイム

 

 

ハーフが4分36秒

25kmが16分19秒なので、

20km-25kmのラップは

20分55秒です。

 

 

 

 

続いて30km通過

30km30kmタイム

 

 

この辺から脚が止まる人が

チラホラ出てきますね。

 

 

 

脚を進めると32kmから

泉州国際マラソン名物の

 

 

モンスターブリッジ

田尻スカイブリッジ

 

 

が立ちはだかります!!

 

 

 

30km以降で

田尻スカイブリッジと泉南マリンブリッジの

2つの大橋を往復しますので、

ランナー泣かせのコース設定ですね。

 

 

 

ただ、

僕自身はモンスターブリッジに

備えて走っていたので、

気合い入れて渡ります。

 

 

 

35km通過

35km35kmタイム

泉南マリンブリッジ上。

 

 

 

さすがに2つ橋を上っているので

ラップタイムが15秒ほど落ちてますね。

 

 

 

往路の橋を渡り、

折り返して復路の橋を渡ります。

 

 

 

40km通過

40km40kmタイム

田尻スカイブリッジ上。

 

 

 

サブ3が見えてきましたが、

この時点で上りでしたので、

際どいかなぁという感覚でした。

 

 

 

なので橋を下る地点から

最後の力を振り絞って

可能な限りペースアップ!!

 

 

 

そして、、、

 

 

 

 

 

ゴーール!!

ゴール

 

 

タイムは、

ゴールタイム

 

 

グロスサブ3達成!!

 

 

 

さすがに込み上げてくるものがありましたねぇ。

 

元水泳選手の北島康介の名言

「何も言えねぇ!!」

の気持ちがよくわかりました(笑)

 

 

 

 

完走メダルと

フィニッシャータオルを受け取り、

更衣室へ、、、

 

 

 

えっ?更衣室?

 

 

完走証は??

 

 

 

どうやらネットから

ダウンロードするタイプみたいです。

 

 

 

しかもこのブログをアップするのが

大会から1週間後なのですが、

まだアップされていません(-_-;)

 

 

 

とりあえず着替えて、

誘導に従い歩くと撮影スポットらしい

看板がポツンとありました。

 

 

 

せっかくなので

写真撮りたいと思ったのですが、

周りに誰もいなかったので素通り(^_^;)

 

 

 

まぁサブ3達成したし、いいやと(笑)

 

 

 

そんなこんなで少し微妙な感じで

泉州国際マラソンは幕を閉じました。

 

 

今回の全ラップタイムはこんな感じです。

タイム一覧

 

 

モンスターブリッジは仕方ないとして、

終始イーブンペースを保てました。

我ながらこの上ないレース運びでした。

 

 

 

これでグロスサブ3を達成したので、

来年の別府大分のカテ3での出場は確定です!

来年に向けて更に精進したいと思います!

 

 

 

今回のレースの様子をランナー目線で

撮影してみたのでご覧になってください。

 

 

 

 

それではこの辺で!

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました!

 

 

コータロー@ド素人ランナー

広告

“【KIX泉州国際マラソン】振り返り:当日レース本番” への2件の返信

  1. いつも拝読しております。
    泉州マラソンは、数年前までは4時間30分の大会でしたから
    給水などはその名残で
    遅いランナーに対する配慮は感じないですよね!
    ちなみにわたしは、28キロタイムアウト( ̄▽ ̄)
    リベンジします!

    いいね: 1人

    1. みきさん
      コメントありがとうございます!

      以前は4時間30分だったんですね!
      せめて5km前後に一個給水があっても
      いいんじゃないかと思いました(^_^;)

      土曜日に毎年泉州に出てる方の話を盗み聞きしたところ、
      値段ばっかり高くなって魅力がなくなってるとボヤいてました(^_^;)

      来年の泉州国際がんばってください!!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中