【新ストレッチ?】身体を合理的に動かしやすくするためのトレーニング系ストレッチ!

はようございます。

 

コータロー@プロ走ラセヤーです。

 

 

 

先日、静的ストレッチが。。。

というお話をさせて頂きました。

 

 

 

静的ストレッチが実は、、、

という話についてはこちら!

 

 

 

 

僕は世間一般にあるストレッチよりも

今回紹介するストレッチを主に行っています。

 

 

 

実際にどこまで世間に浸透しているのかは

未知数なのですが、少しずつ知っている方も

増えているのではないかと思っています。

 

 

 

これを知ることで、

 

 

ランニングにおける柔軟性

パフォーマンスアップ

 

 

ランニングを含め、

あらゆるスポーツで重要とされている

インナーマッスルの出力向上

関節可動域を向上させることができます。

 

 

 

逆に知らなければ、

 

 

一般的なストレッチで筋肉を伸ばし、

柔軟性を上げることができても、

 

 

インナーマッスルや、関節可動域

向上に繋げることができません。

 

 

 

 

回紹介するストレッチは、

プロスポーツの現場でも密かに

取り入れられています。

 

 

身体を合理的に動かしやすくする

ためのトレーニング系ストレッチ。

 

 

 

その名を

「T-レフストレッチ」

と言います。

 

 

 

 

今回は、T-レフストレッチの1つ

大腰筋のT-レフストレッチ

を紹介したいと思います。

 

 

 

セルフでできて、10秒もかからず

簡単に実施できますので是非お試し下さい。

 

 

T-レフストレッチは身体の各所にある

筋肉の交差点を抑えて複数の

インナーマッスルを同時にほぐしていきます。

 

 

 

特に大腰筋は、最重要筋肉

位置付けられていることが多いです。

 

 

大腰筋はハイパフォーマンスの実現において

非常に重要であり、トップアスリートや

身体の使い方が上手い選手は

必ずと言っていいほど使えている筋肉です。

 

 

つまり、大腰筋の機能を上げることが

ランニングやマラソンの

パフォーマンスアップにも

直結すると言っても過言ではありません。

 

 

 

【大腰筋T-レフストレッチの方法】

 

長座位姿勢になります。

 

脚を卍の形にします。

 

指2~3本でみぞおちを強めに押します

 

みぞおちを押しながらそのまま体を捻り、

体を少し沈めます。(5秒程度)

 

 

反対側も同様に行います。

 

大腰筋ストレッチ

 

●みぞおちを押す時は、背中を軽く丸めて

みぞおちの力を抜いて行うことがポイントです。

 

●効果が薄い方は最終ポジションで

力が入りすぎている可能性があるので

最終ポジションで大きく深呼吸をすると効果的です。

 

 

 

前後の変化をすぐに感じたい方は、

ストレッチ前後において立った状態で

脚の上げやすさで確認するとわかりやすいです。

 

 

 

【大腰筋ストレッチの意義と効果】

 

押すポイントとなるみぞおちは、

深層の大腰筋の開始部位となります。

 

 

背中を軽く丸めてみぞおちを押すことで、

腹部・腰部の筋の過度な緊張を軽減させ、

大腰筋が働きやすい状態となります。

 

 

 

その状態から体幹を回旋することで

大腰筋が伸びるようにストレッチしていきます。

 

 

また、大腰筋が適切にストレッチ

できることで、脊柱の可動性向上に加えて、

呼吸機能の改善も期待できます。

 

 

 

要するに、

いいことだらけ!

ということです。

 

 

今すぐ行ってみて、

その効果を実感してみてください!

 

 

それではこの辺で。

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

 

コータロー@プロ走ラセヤー

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中